HOME > ニュース・情報コーナー > 認知症支援「RUN伴」

ニュース・情報コーナー

認知症支援「RUN伴」

認知症の人と走る「RUN伴」 2015年11月10日放送

 

認知症の人と支援者らが一緒に日本列島を襷リレーするイベント「RUN伴」(らんとも)の参加者らが10月23日、尾道市役所にゴールしました。

 

午前中に岡山を出発した一行は、昼過ぎに福山市役所に到着。国道2号線を西に進み、およそ20kmを、4つのポイントでつないで、夕方 尾道市役所にゴールしました。

 

市役所までの最終ランナーは、尾道市美ノ郷町にあるグループホーム「みなりっ子」の利用者さんらが務め、尾道福祉専門学校の学生ら総勢20人の伴走と一緒に、大声援の中テープを切りました。

 

RUN伴は、認知症の人や家族、支援者らと一般の人が一緒にリレーをしながら襷をつなぎゴールを目指すイベントです。

 

認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指して北海道内で行なわれていましたが、今年は北海道から福岡県大牟田市までのおよそ3000kmを、認知症の人たちや支援者8000人が参加してゴールを目指しました。

 

尾道では、総勢45人が襷リレーと伴走に参加。認知症キャラバンメイトや家族の会など10数団体が支援にあたりました。

 

RUN伴の中国ブロック代表の牛尾容子さんは「尾道市は認知症の方をサポートする環境が整っている温かい雰囲気でゴール出来てよかったです」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿