HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道商業高校 新商品企画

ニュース・情報コーナー

尾道商業高校 新商品企画

尾道商業高校 新商品企画の授業 2015年11月13日放送

 

尾道商業高校の商業科2年生の生徒らが、先月27日、地元企業などと協力し、洋菓子の新商品を開発する授業を行いました。

 

これは、課題研究授業の一環で、生徒21人が5班に分かれ、地元の食材を使った、尾道をイメージした新しい洋菓子を企画して、販売しようとするものです。

 

食品スーパーのニチエーや、洋菓子製造・販売のマザーベアと協力し、商品開発などを進めていて、7月に行われた1回目の授業で、企画会議を行ない、9月の授業で、各班がそれぞれ企画した商品をまとめました。

 

3回目となる今回の授業では、商品の試作品がマザーベアから持ち込まれ、各班の生徒らが商品の開発コンセプトなどを発表しました。

 

最後に全員で試食した後に、実際に製造販売する商品を決定。

 

商品化するのは、瀬戸田名産のレモンを使ったシフォンケーキとなりました。

 

この商品を企画した班の生徒たちは、「商品化されることになってとても嬉しい。試作品もとてもおいしかった」と話していました。

 

完成した商品は、12月5日・6日に、ニチエー各店で生徒らが店頭販売するほか、同じ日に、尾道商業高校で開かれる、生徒たちによる尾道の特産品など販売実習「尾商デパート」でも店頭に並びます。

月間アーカイブ

最近の投稿