HOME > ニュース・情報コーナー > ふくしむら 20周年感謝祭

ニュース・情報コーナー

ふくしむら 20周年感謝祭

尾道ふくしむら 20周年感謝祭 2015年11月16日放送

 

久保町の尾道ふくしむらの多目的広場で15日、ふくしむらが整備され、20周年を記念した感謝祭が開かれました。

 

尾道ふくしむら施設連絡協議会の主催で開かれたもので、開会式では、協議会の会長を務める、社会福祉法人尾道のぞみ会の高垣 孔幸理事長が挨拶しました。

 

会場に設置されたステージでは、新高山めぐみ幼稚園の園児によるダンスや、グループのリーダーがヘルパーの仕事をしながら、広島市を拠点に活動している音楽ユニット「K.S.K Project」のライブなどが行われ、盛り上がりました。

 

また、地元の福祉施設の職員たちが作る焼きそばや、施設利用者が作ったクッキーなどの屋台が並び、2本のポールを使って歩く「ノルディック・ウォーク」の無料体験会なども行われ、会場は賑わいました。

 

尾道ふくしむらは、尾道福祉専門学校や、介護老人保健施設、障害者生活支援センターなど7つの福祉施設が集まる場所を総称したもので、1995年に整備され、今年で20年目を迎えました。

月間アーカイブ

最近の投稿