HOME > ニュース・情報コーナー > 薬本さん 栗原小へ本寄贈

ニュース・情報コーナー

薬本さん 栗原小へ本寄贈

薬本さん 栗原小学校に本を寄贈 2015年11月17日放送

 

児童の健全育成に役立ててもらおうと、11日、三原市在住の薬本 光明さんが、栗原小学校の児童に本を寄贈しました。

 

薬本さんは、建設業の代表を務めながら、福祉施設でのボランティア活動をきっかけに、1973年から42年間に渡り、県内の小・中学校へ本を寄贈する活動を行っています。

 

今回、薬本さんが寄贈した本は、歴史や伝記など合わせて130冊で、寄贈式には、児童会と図書委員会のメンバー、合わせて25人が出席し、薬本さんが児童たちに本を手渡しました。

 

薬本さんは、「本をしっかり読んで教養を身につけ、世界に羽ばたくような素晴しい人間になって欲しい」と話し、児童会長の元屋 千歳さんと、図書委員長の岡 里央菜さんが、それぞれお礼の言葉を述べました。

 

元屋さんは、「栗原小の児童はみんな本が大好きで、読むのを楽しみにしています」と話し、岡さんは、「たくさんの本を寄贈していただいて嬉しいです」と話していました。

 

その後、児童たちは、寄贈された本を手に取り、「たくさん読んで、いろいろ学んでいきたい」などと、嬉しそうに話していました。

 

薬本さんの本の寄贈は、今回で430校目となり、今後は、県外の小・中学校への寄贈も予定しているということです。

月間アーカイブ

最近の投稿