HOME > ニュース・情報コーナー > 第4回 尾商デパート

ニュース・情報コーナー

第4回 尾商デパート

第4回 尾商デパート 2015年12月7日放送

 

古浜町の県立尾道商業高校で5日・6日の両日、模擬株式会社「尾商デパート」がオープンし多くの市民が訪れました。

 

尾商デパートは、生徒の主体的な学びを促進するために全校で取り組む販売実習で、販売品目の選定から仕入れ先との交渉、値段設定など全ての行程を、生徒らが模擬会社の役員や社員として準備してきました。

 

会場では、商業科の2年生らが、地元企業の食品スーパー、ニチエーや、洋菓子製造・販売のマザーベアなどと協力し、企画・開発した洋菓子「サワースウィートシフォン」が販売されました。

 

このケーキは、瀬戸田産のレモンや向島産の蜂蜜など、地元の食材を使い尾道をイメージした商品で、多くの来場者が買い求めていました。

 

また、尾商デパートが行われた2日間、同じ商品が、福山市の「ニチエーさんらいず店」でも販売され、人気を集めました。

 

会場ではその他にも、御調町の「道の駅 クロスロードみつぎ」や「尾道さつき会 すだちの家」から仕入れた地元の野菜や果物、全国のご当地ラーメンやお菓子なども販売されました。

 

生徒たちは笑顔で接客をしたり、大きな声で呼び込みをしたりしながら、一生懸命販売実習に取り組んでいました。

 

尾道商業高校では、これまで販売実習として、1年生が模擬店「浜っ古」をJR尾道駅前などで開催。

 

販売体験を通して問題解決能力を養おうと、2012年から、「模擬株式会社」の形態に変え、今年で4回目の開催となりました。

月間アーカイブ

最近の投稿