HOME > ニュース・情報コーナー > JKJO出場選手 市長を訪問

ニュース・情報コーナー

JKJO出場選手 市長を訪問

JKJO出場選手 市長を訪問 2015年12月9日放送

 

第9回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会に出場した選手らが、先月、大会前に市長を表敬訪問しました。

 

大会に出場したのは、日比崎小学校5年生 神重 如晴さん、3年生 神重 翔央君、松永高等学校1年生 富安 立樹君、2年生 近藤 輝君、福山工業高等学校3年生 近藤 翔君の5人です。

 

尾道在住で、山波町の国際空手道連盟拳道会館に所属している5人は、毎週、新高山にある道場で練習に励んでいます。

 

8月に岡山県の笠岡総合体育館で行われた第4回全中国空手道選手権大会では、それぞれ上位に入賞し、全国大会の出場権を獲得しました。

 

5人の訪問を受けた平谷市長は、「日頃の成果を充分に発揮し、良い成績を収めてください」と激励しました。

 

毎年開かれているJKJO全日本ジュニア空手道選手権大会は、全国各地の選抜指定大会で出場権を獲得した選手が参加し、幼児から高校生までの各階級で試合が行われます。

 

全国大会は、先月の14日と15日に、東京都渋谷区の国立代々木競技場 第1体育館で行われ、選手らは、それぞれ練習の成果を発揮し、健闘しました。

月間アーカイブ

最近の投稿