HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会閉会

ニュース・情報コーナー

市議会閉会

尾道市議会12月定例会 閉会 2015年12月15日放送

 

尾道市議会12月定例会が15日閉会し、24議案などが可決されました。

 

一般会計補正予算の主なものは、総務省の地域経済活性化事業に応募した「民間企業」が、「元温泉施設を再利用して」建設する宿泊施設などの整備費4,500万円です。国の交付金で全額が賄われ、施設は来年度のオープンを目指しています。

 

中心市街地で公衆トイレの洋式化や多言語の音声ガイド装置と案内看板を設置するための事業費5,200万円、半額は国の補助金を活用します。

 

その他、来年1月に開催予定の「結婚応援フォーラム」の開催費用なども予算計上されています。

 

委員の選任では、公平委員に松原克之さん、固定資産評価審査委員に高橋司さんがそれぞれ新しく選ばれました。

 

意見書は、教職員不足を解消するために補助職員の配置を、県の教育委員会などに求める意見書を採択しました。

 

議会の様子は午後9時から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿