HOME > ニュース・情報コーナー > 土堂小 空き家再生 体験

ニュース・情報コーナー

土堂小 空き家再生 体験

土堂小5年生 空き家再生活動を体験 2015年12月17日放送

 

総合的な学習の時間で尾道の「空き家の問題」について学んでいる土堂小学校の5年生が14日、NPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」の活動を体験しました。

 

体験に参加したのは5年生40人で、学校を出発した児童らは、空き家再生プロジェクトの代表、豊田雅子さんの案内で、現在再生活動が行なわれている東土堂の「みはらし亭」に移動しました。

 

途中、山手にある、空き地を見学し、豊田さんは、空き家が増えることで、火災になったときの被害が拡大することや、倒壊の危険が増すことなどを説明していました。

 

「みはらし亭」は、1923年に建てられた木造2階建ての元旅館で、大正時代の和風建築を代表する貴重な建物です。再生後はカフェスペースを備えた宿泊施設に生まれ変わる予定で、来年のオープンを目指し修復作業が行われています。

 

みはらし亭では、プロジェクトのメンバーらが改修の過程で廃棄することになった「瓦」を袋詰めにしていて、およそ50袋を児童たちと一緒に、国道までリレーで運びました。

 

土堂小の5年生は、2学期から空き家の問題について学んでいて、これまでに尾道市の職員から空き家の現状を聞いたり、山手にある空き家を見学したりして、どうすれば空き家が無くなるか考えてきました。

 

児童らは、今後これまでに学んだことをまとめ、学びの成果として学校のHPに掲載する予定で、「住む人のために駐車場や駐輪場を近くに整備すればよい」「買い物が出来る商店を斜面地に作ればよい」など、意見を出し合っています。

 

月間アーカイブ

最近の投稿