HOME > ニュース・情報コーナー > 2016年 尾道市成人式

ニュース・情報コーナー

2016年 尾道市成人式

2016年尾道市成人式 2016年1月13日放送

 

2016年尾道市成人式が10日、栗原町のびんご運動公園で開かれました。

 

今年は1995年4月2日から1996年4月1日までに生まれた男性488人、女性457人の合計945人が参加しました。

 

式のオープニングで、尾道ベッチャー太鼓保存会のメンバーが2曲演奏し、メンバーを代表して松野 哲平さんがお祝いの言葉を述べました。

 

佐藤 昌弘教育長が開式の辞を述べた後、平谷 祐宏市長が「成人式は自らを見つめなおし、未来へ向かう決意を持って新たなスタートを切る機会です。皆さんの夢や志を実現し、若いエネルギーで尾道を築いていただくことを願っています」と式辞を述べました。

 

祝辞として高本 訓司市議会議長が「皆さんの若さは、何事にもチャレンジしていくエネルギーの源です。どうか自分の夢や目標に向かって、積極的にチャレンジしてください」と激励しました。

 

また、昨年、尾道市小中学校芸術祭合唱コンクールでグランプリを受賞した、高須小学校6年生の児童らが新成人に歌とメッセージを贈りました。

 

新成人を代表して向島町出身の大学生 﨑山 拓海さんと因島中庄町出身の大学生 松浦 珠美さんが二十歳の誓いを述べました。

 

最後に、新成人が参加した当時の中学校合唱コンクールで歌った合唱曲「Song is my soul」を全員で歌いました。

 

今年の尾道市の新成人は1,328人で、昨年に比べ48人減少。新成人の人数は、2007年の因島、瀬戸田との合併直後の1,769人をピークに減り続けています。

月間アーカイブ

最近の投稿