HOME > ニュース・情報コーナー > 大学生が勉強指導

ニュース・情報コーナー

大学生が勉強指導

大学生が勉強指導   2016年1月14日放送

 

冬休み中の子ども達の勉強を大学生らが指導する、NPOおのみち寺子屋主催の勉強会が昨年末、向東町のサンボル尾道で開かれました。

 

この勉強会は、学校以外で児童や生徒らに学びの場を提供し、地域ぐるみで子ども達を育もうと今回初めて開かれたもので、向東地区の小学4年生から中学3年生までの20人が参加しました。

 

講師を務めたのは、毎年夏にNPOおのみち寺子屋が主催する「おの100挑戦隊」に参加している学生たちで、24日には尾道市立大学や広島大学、修道大学などから6人が参加しました。

 

子ども達は、それぞれ冬休みの宿題などに取り組み、分からない箇所があると大学生らからアドバイスを受けていました。

 

向東小学校6年の児童は「宿題以外にも中学校の問題を勉強して、分からないところを教えてもらった。静かで集中できました」と話していました。

 

 

おのみち寺子屋によると、勉強会は今後も春休みや冬休みを中心に続ける予定で、理事長の柿本 和彦(かきもと かずひこ)さんは「勉強する場所など協力があれば、他の地域にも取り組みを広げていきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿