HOME > ニュース・情報コーナー > カープに自転車寄贈

ニュース・情報コーナー

カープに自転車寄贈

アンデックス カープに自転車寄贈 2016年1月22日放送

 

尾道ブランドの自転車を開発している塗装設備製造業「アンデックス」は20日、広島東洋カープに自転車10台を寄贈しました。

 

廿日市市のカープ大野屋内総合練習場で行なわれた寄贈式には、丸佳浩選手と堂林翔太選手、ミス尾道の末永沙与さんらが参加し、両選手に自転車が渡されました。

 

自転車は、尾道市の東尾道にあるアンデックスが、尾道の路地やしまなみ海道を走るために企画・開発した取り回しの良いスポーツタイプの「凪」と呼ばれるモデルをベースにしたものです。カープのチームカラー赤色のフレームに、カープのロゴもあしらわれています。

 

2月から宮崎県の日南市で行なわれる「春季キャンプ」で、選手らに宿泊場所と球場までの移動に使ってもらう予定です。

 

寄贈式に赴いたアンデックスの常務、橋本勲さんは「自転車を使ってトレーニングにも励んでもらい、優勝に向けてがんばってほしい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿