HOME > ニュース・情報コーナー > 日本遺産イメージ映像

ニュース・情報コーナー

日本遺産イメージ映像

市長会見 日本遺産イメージ映像発表 2016年1月25日放送

 

定例市長記者会見が1月25日市役所であり、日本遺産のイメージ映像の発表などが行われました。

 

会見で平谷祐宏市長は「地方創生の中で、日本遺産を機軸に地域活性化を目指す」と述べ、「国内や海外にもPRするために映像を制作した」と話しました。

 

映像のタイトルは「カメラマン本城直季氏と歩く 尾道、日本の心の縮図」で、ベッチャー祭の撮影にやってきた写真家、本城さんが撮影前に尾道の箱庭を散策するというストーリーです。

 

本城さんは、1978年東京生まれの写真家で、2006年に写真界の芥川賞と呼ばれる「木村伊兵衛写真賞」を受賞。ニューヨークのメトロポリタン美術館で作品展を開くなど活躍しています。

 

映像のナレーションは、TBS系列で放送中の番組「情熱大陸」でお馴染みの窪田等さんです。落ち着いたトーンのナレーションに、尾道の美しい映像、本城さんの写真も挿入されていて、特に外国人へのPRを意識した内容になっています。

 

中国語・韓国語・英語・フランス語のバージョンも製作中で、WEB上で公開するなど、世界に向けて発信する予定です。

 

又、関連のイベントとして、2月14日(日)に日本遺産シンポジウムが開かれます。文化庁の専門官による特別講演や、尾道市文化財保護委員の広島大学三浦正幸教授の基調講演に続き、観光協会職員・空き家再生の活動団体代表・寺の副住職によるパネルディスカッションもあります。

 

さらに、中国地方の日本遺産に認定されている地域4箇所のパネル展示が、2月11日~14日まで、しみなみ交流館市民ギャラリーで開かれ、13日には、尾道観光協会主催のイベントとして、市内の日本遺産関連スポットを巡るツアーも行なわれます。

 

定例市長記者会見の様子は、本日25日、午後9時からと、26日午前7時と午後2時から放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿