HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市生涯学習発表会

ニュース・情報コーナー

尾道市生涯学習発表会

第25回尾道市生涯学習発表会 2016年1月26日放送

 

市内の公民館で行われている演芸や作品制作の成果を発表する「第25回尾道市生涯学習発表会」が12月、市民センターむかいしま「こころ」で開かれました。

 

発表会は毎年1回開かれているもので、今年は両日で70を越える教室から500人以上の出演があり、舞踊・民謡・フラダンス・三味線・甚句など、それぞれ練習の成果を披露しました。

 

日比崎公民館の3B体操は、健康体操として、音楽にのせて体全体を使った動きを披露していました。

 

長江公民館の沖縄エイサーは、リズミカルな太鼓演奏と踊りで会場をわかせていました。

 

人気のフォークダンスやレクリエーションダンスの教室は、5つの公民館から出演があり、それぞれ異なる趣向の踊りを披露していました。

 

その他、日本舞踊・大正琴の演奏など20種類以上の演目があり、訪れた人は2日間で12時間あまりの発表を楽しみました。

 

発表会の様子は、2月8日から放送予定です。お楽しみに!

月間アーカイブ

最近の投稿