HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道さつき会 介護予防活動

ニュース・情報コーナー

尾道さつき会 介護予防活動

尾道さつき会 介護予防で「ノルディックウォーク」 2016年2月29日放送

 

地域住民の介護予防の一環として、尾道さつき会が取り組んでいるノルディックウォークのイベントが2月28日、久保町の特別養護老人ホーム 星の里で開かれました。

 

イベントには、ノルディックウォークに参加している地域住民やサポーターなどおよそ60人が集まり、はじめに尾道さつき会の平石 朗理事長が挨拶。健康運動指導士の東風上 薫さんによる講演後、ノルディックウォークが行われました。

 

ノルディックウォークは、2本の杖を使って歩くことで、無理なく全身運動ができるウォーキングで、参加者らは雑談をして交流を深めながら、施設周辺を1キロと2キロのコースに分かれて歩きました。

 

尾道さつき会は現在、施設のある新高山地区の住民を対象に、ノルディックウォークを通した介護予防に取り組んでいて、新しい地域包括ケアとして、運動習慣の定着や住民同士の交流を図っています。

 

取り組みでは、参加者を対象にノルディックウォークの週間メニューを組み、期間中に目標を達成した人には記念品を贈呈。また、尾道市立大学の学生が、活動のロゴマークを作成するなど、地域一体となって介護予防に取り組んでいます。

 

イベントに参加した女性は、「ノルディックウォークを始めて、生活のリズムが取れるようになったし、姿勢も正しくなった。今後も続けていきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿