HOME > ニュース・情報コーナー > 定例尾道市長会見

ニュース・情報コーナー

定例尾道市長会見

定例尾道市長会見 2016年6月20日放送

 

定例尾道市長記者会見が6月20日にあり、尾道出身の絵本作家「あきびんご」さんの本を幼稚園などに贈呈する事と、25日から市立美術館で始まるネコの写真展について発表がありました。

 

 

贈呈されるのは、尾道出身の絵本作家「あきびんご」さんの作品で、第21回日本絵本賞大賞を受賞した「30000このすいか」を含む作品3冊です。3冊をセットにして、市内の公立保育所や私立の保育園など68の施設に贈ります。

 

絵本の購入費は、尾道市への寄付金を活用する事にしていて、会見で平谷祐宏尾道市長は「就学前の子ども達の情操教育に役立てたい」と話しました。

 

又、6月25日から8月14日まで、市立美術館で行なわれる展示会「岩合光昭写真展 ねこ」について発表がありました。

 

岩合さんは、東京出身の写真家で、世界中の野生動物の生態を捉えた作品で高い評価をえています。

 

展示会には、これまで取り続けてきたネコの写真およそ200点と、尾道で撮影した作品10点などが並びます。

 

会期中は、美術館におよそ2.7mのネコのオブジェが飾られる他、岩合さんのギャラリートーク、サイン会など多数のイベントが開かれます。詳しくは、尾道市立美術館のHPをご覧下さい。

 

会見ではこの他、尾道本通り商店街で発生した火事についてや、尾道市と島根県の石見銀山を結んだ「銀山街道」の日本遺産認定を目指す事についてなど質問がありました。

 

定例市長記者会見の様子は、本日20日午後9時からと、明日21日午前7時と午後2時から放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿