HOME > ニュース・情報コーナー > 特殊詐欺被害防止 感謝状

ニュース・情報コーナー

特殊詐欺被害防止 感謝状

特殊詐欺被害防止功労店へ感謝状贈呈 2016年10月19日放送

 

特殊詐欺被害を防いだ功労店への感謝状の贈呈式が10月19日、新浜の尾道警察署でありました。

 

被害を防いだローソン尾道栗原町店の大住元かおり店長と、定員の黒瀬美樹さんに、尾道警察署長の浜田紀之署長から感謝状が手渡されました。

 

詐欺未遂に合ったのは、尾道市内に住む60歳代の女性で、携帯電話に動画運営サイトから16万1千円を支払うよう請求が届きました。コンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)から支払おうした際、店員の黒瀬さんに「午後2時30分までに振り込まないといけない。動画は見ていないが振込みをしないと裁判になってしまう」などと話したため、不審に思った店員が警察に通報しました。

 

広島県警察によると県内では、今年に入ってから9月末時点で184件、6億33万円の特殊詐欺被害を受けており、尾道警察署管内でも、10月19日現在、被害件数12件、被害額1570万円に上っています。

 

コンビニで高額のギフトカードを購入させる手口が増えており、尾道署の担当者は「不審に思ったら警察へ通報して欲しい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿