HOME > ニュース・情報コーナー > ひかり苑「いもほり」

ニュース・情報コーナー

ひかり苑「いもほり」

ひかり苑「いもほり」 2016年12月5日放送

 

原田町の高齢者福祉施設「ひかり苑」で、11月22日、施設を利用する人と地元の子ども達が芋ほりで交流しました。

 

原田幼稚園の園児と原田小学校5,6年生らが、ひかり苑の近くにある畑を訪れ、施設の利用者や職員と一緒に「なると金時」という種類の芋を収穫しました。

 

畑には芋が500本ほど植えられていて、子ども達は、お年寄り達と一緒に自分の顔とおなじくらいの大きな芋を、楽しそうに掘り出していました。

 

原田幼稚園の佐藤りゅうや君は、「おいもがとても重くて疲れたけど楽しかった」と声を弾ませ、原田小6年の清水瑞月さんは「今まで見たことがない大きさでびっくりしました」と驚いた様子でした。

 

又、竹村令子さんは、「子ども達の様子にとても元気がもらえました」と嬉そうに話し、「ひかり苑」の青山伸施設長は「芋を植えたのは今年が初めてです。今後も交流を続けたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿