HOME > ニュース・情報コーナー > 12月議会 開会

ニュース・情報コーナー

12月議会 開会

12月議会 開会   2016年12月6日放送

 

尾道市議会12月定例会が12月6日開かれ、およそ10億594万円の一般会計補正予算案などが提出されました。会期は12月20日までです。

 

議場では冒頭、今年10月7日に亡くなった寺本真一議員へ出席者全員で黙とうを捧げ、代表して藤本友行議員が哀悼の言葉を述べました。

 

一般会計補正予算は、尾道市の貯金である財政調整基金への積み立て4億8千万円、みつぎ総合病院のX線装置の更新に3,500万円、6月豪雨の復旧事業に970万円、西久保の常称寺本堂や長江の艮神社クスノキなどの文化財保存修理のための補助金として970万円、2018年4月山波町に開園予定の、仮称「ひまわり認定こども園」整備事業に900万円などとなっています。

 

可決されれば一般会計予算は、641億2,100万円になる見込みです。

 

又、議案は、因島総合福祉センターの建設工事請負契約について提出されています。

 

センターは、鉄筋コンクリート3階建て、延べ床面積3,751㎡の旧田熊中学校校舎を改修する予定で、1階が田熊地区社会福祉協議会と公民館、2階が福祉保健センター、3階が各種団体やボランティア組織が入居します。

 

高齢者の利便性を図るためエレベーターを設置し、現在ある武道場を長さ12mの歩行訓練用のプールに改築します。

 

完成は2018年1月の予定で、その年の4月から供用開始見込みです。工事は、市内企業の共同企業体が7億7,000万円で請け負います。

 

その他、企業誘致の施策として、情報サービスやコールセンターの事業所を設置する際に、雇用奨励金などを交付するための条例改正案などが提出されています。

月間アーカイブ

最近の投稿