HOME > ニュース・情報コーナー > 西国街道展

ニュース・情報コーナー

西国街道展

「西国街道をゆく~尾道本通りを歴史散策~」 2016年12月6日放送

 

江戸時代の本通り商店街近辺の歴史的スポットを紹介する展示会「西国街道をゆく~尾道本通りを歴史散策~」が2017年3月まで、土堂1丁目の尾道商業会議所記念館で開かれています。

 

この展示会は、江戸時代後期の本通り商店街の街並みを知ることで、現在の国道2号線にあたる、西国街道に沿った歴史散策を楽しんでもらおうと開かれています。

 

会場には、関連資料などおよそ30点が展示され、当時の絵地図には、江戸時代後期に活躍した尾道出身の女流画家 平田玉蘊の生家や、当時の役所である町奉行所の位置が詳しく記されています。

 

また、身分の高い旅行者の宿場で、1590年に天下を統一した豊臣秀吉が宿泊したとされる本陣の場所や、石工と呼ばれる石材を加工する職人が集まって住んでいた石屋町などの位置も記されていて、当時の街並みの雰囲気を味わうことが出来る展示会となっています。

 

展示会の会期は2017年3月1日までで、開館時間は午前10時~午後6時まで。入場は無料で、毎週木曜日は休館日です。

月間アーカイブ

最近の投稿