HOME > ニュース・情報コーナー > JA尾道市ワケギツアー

ニュース・情報コーナー

JA尾道市ワケギツアー

JA尾道市ワケギ体験ツアー 2016年12月13日放送

 

JA尾道市のワケギ体験ツアーが12月11日(日)、岩子島の出荷場と向島洋らんセンターでありました。

 

体験ツアーは全国有数の生産量を誇る尾道の「ワケギ」をPRしようと、今回初めて行われたもので、主な出荷先である関西地方の在住者およそ40人が参加しました。

 

ワケギ畑では、生産者から栽培方法の説明などを受け、出荷場ではパック詰め作業などを見学しました。向島洋らんセンターでは、昼食にワケギ餃子・ワケギコロッケなどのワケギ料理が振舞われ、参加者が美味しそうに食べていました。

 

ワケギは、火を通すと甘みが増すこともあり、餃子を口にした人は、タレが無くても美味しいとほおばっていました。

 

JAによると、広島県はワケギの出荷量が日本一で、その内の7割が尾道産です。主に京都・大阪に出荷されていて、ここ数年は500トン弱と横ばいです。

 

今回のツアーは、消費を伸ばし、尾道をPRしようと企画され、関西のスーパーでワケギを購入した人を対象に募集したところ、予想を超える150人の応募がありました。

 

JAの担当者は「アンケート結果などを元に、今後の開催も検討したい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿