HOME > ニュース・情報コーナー > シルバーリハビリ1級指導士

ニュース・情報コーナー

シルバーリハビリ1級指導士

シルバーリハビリ1級指導士認定    2016年12月14日放送

 

尾道市は、シルバーリハビリ体操の指導役を養成する1級指導士の1期生として4人を認定し、12月12日に市役所で認定証を交付しました。

 

今回初めて1級指導士として認定されたのは、尾道市シルバーリハビリ体操指導士会の細谷伸会長ら4人で、平谷祐宏尾道市長から一人ずつ認定証が手渡されました。

 

シルバーリハビリ体操は、高齢者の介護予防を目的に茨城県で考案された体操で、尾道市では2013年度から指導士の養成事業を実施。理学療法士などリハビリ専門職の指導の下、体操の指導や普及活動などを担う2級指導士を養成してきました。

 

1級指導士は、2級指導士の育成役となる立場で、今年度 初めて市が養成講習会を開催。

対象は2級で2年以上の活動実績がある指導士で、7月から11月にかけて座学や実習などが行われました。

 

平谷市長は「体操が介護予防につながり意義は大きい。参加者の輪が広がっていくように市としても応援したい」と述べていました。

 

尾道市では、2022年度までに1級指導士60人、2級指導士600人の養成を目標に掲げていて、指導士会の細谷会長は「地域の為という使命を持ち、質の高い指導をしていきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿