HOME > ニュース・情報コーナー > こども映画教室

ニュース・情報コーナー

こども映画教室

ふゆやすみ!こども映画教室 2016年12月26日放送

 

親子で映画について学ぶ「ふゆやすみ!こども映画教室」が12月23日、久保一丁目の「おのみち映画資料館」でありました。

 

尾道市とNPO法人シネマ尾道の共催で開かれた教室には、子どもと大人合わせておよそ25人が参加しました。

 

教室では、尾道在住のアーティスト、白水麻耶子さんの指導のもと、フィルム映画などの原型で、絵が動く「ゾーエトロープ」と呼ばれる玩具を作りました。

 

子ども達は、コマに分かれた細長い紙に、連続した図柄を描き、マジックなどで色を塗って、絵を完成させていきました。

 

穴が開いた筒の中に、紙を丸めてはめ込み、それを回転させると絵が動いているように見え、子ども達は穴を覗き込んで歓声を上げていました。

 

最後は、全員の作品を映画資料館内にある上映用のスクリーンに投影して、試写会を行ないました。イルカが飛び跳ねているものや、波の上を走る船など、参加者は映画やアニメーションならではの動きに見入っていました。

 

おのみち映画資料館での初めてのワークショップということで、NPO法人シネマ尾道の河本清順代表理事は「今後も資料館を活用して映画の町を発信して行きたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿