HOME > ニュース・情報コーナー > インターナショナルSC

ニュース・情報コーナー

インターナショナルSC

インターナショナルスクールin因島 2017年2月2日放送

 

因島地区の中学生達が参加して外国人の先生と英語で交流するイベント「インターナショナルスクール イン 因島」が1月29日、因島中庄町の因北中学校でありました。

 

このインターナショナルスクールは、奉仕団体「尾道因島ライオンズクラブ」と、因島の教育を考える「NPO法人いんのしま教育ネットワーク」が、子ども達に国際感覚を身につけてもらい、他校の生徒と交流してほしいと、およそ8年前から行なっているものです。

 

今年は、因北・因島南・重井・瀬戸田・愛媛県の弓削・岩城の6つの中学校からおよそ90人の生徒が参加し、尾道市などに赴任している外国語指導助手「ALT」と、スポーツ・モノ作り・音楽などを通して交流しました。

 

スポーツのコーナーでは、「アルティメット フリスビー」と呼ばれる比較的新しいアメリカのスポーツが紹介されていました。ラグビーのように相手陣地に押し込んでいくゲームで、生徒達は、元気にグラウンドを走り回っていました。

 

モノ作りのコーナーでは、ペットボトルを使って、水を綺麗にする「ろ過装置」を作りました。ALTの先生が英語で作り方を説明していましたが、生徒達は上手にヒアリングして、テキパキと作業を進め、装置を完成させていました。

 

音楽とダンスのコーナーでは、ニュージーランドの原住民の踊りを原型にした「ハカ」と呼ばれるダンスを練習しました。ラグビーのニュージーランド代表が試合前に行う事でも有名なダンスで、生徒達は少し照れながらも元気に踊っていました。

 

クッキングのコーナーでは、中華圏の「旧正月のお菓子」を作りました。こちらも英語でレシピなどが紹介されていましたが、生徒達はメモを取るなどして作り方を理解し、美味しいおやつを作っていました。

 

参加した因北中学校の中島凪彩さんは「スクールに参加して違う学校の友達も出来ました。相手に伝えようと言う気持ちがあれば、英語も楽しんでおぼえることが出来ます」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿