HOME > ニュース・情報コーナー > 男女共同参画 市長に答申

ニュース・情報コーナー

男女共同参画 市長に答申

男女共同参画 市長に答申   2017年2月7日放送

 

尾道市男女共同参画審議会は、平谷祐宏尾道市長から諮問を受けていた、市の男女共同参画基本計画案について2月7日、審議の内容を平谷市長に答申しました。

 

審議会のメンバーや関係者らが市長室を訪れ、來山 弘通審議会会長が「慎重に議論を重ねた結果、計画案が妥当なものであると認めます」と述べ、平谷市長は「答申に基づき、男女共同参画社会の実現に向けて取り組んでいきたい」と答えました。

 

男女共同参画基本計画の策定は、近年の社会環境の変化や2016年から施行されている国の女性活躍推進法などを受けて進められてきたもので、2017年度からの5年間で関連する86事業が実施される予定です。

 

計画の中には、子育てや地域活動を行う女性団体等のネットワークの構築、国籍や文化の違いに対する理解の促進、また、男女共同参画の視点に立った防災対策など様々な分野の事業が盛り込まれていて、尾道市人権推進課では今後、計画の概要版を市民へ配布したり、ホームページなどで取り組みの進捗状況を発信したりして、市民への周知を図っていきたいとしています。

月間アーカイブ

最近の投稿