HOME > ニュース・情報コーナー > ASV使用交通安全講習

ニュース・情報コーナー

ASV使用交通安全講習

ASV使用 高齢者向け 交通安全講習 2017年2月23日放送

 

先進技術でドライバーの安全運転を支援する自動車 ASVを使った、高齢者向けの交通安全講習が2月15日、向東町の尾道自動車学校で開かれました。

 

これは、全国で高齢ドライバーの誤操作による事故が多く発生していることから、ASVの紹介とともに、安全運転の再確認をしてもらおうと、日本自動車連盟や尾道警察署などにより初めて開かれました。

 

講習には、市内に住むおよそ20人の高齢者が参加し、連盟の広島支部 事業課 課長 鈴木 健二郎さんが講師を務め、ASVに搭載された衝突被害軽減ブレーキなどを解説しました。

 

このブレーキ機能は、センサーが他の車などを察知して自動で停止するもので、鈴木さんは、「これらの機能はあくまで補助的なものなので、ドライバー自身が安全運転を心がけるのが大切です」と呼びかけました。

 

講習後には、ASVの乗車体験が行われ、参加者らは、障害物の前で車が自動停止する様子を助手席で確認し、安全性を実感していました。

 

尾道警察署によると、昨年、管内で起きた人身事故は337件で、その内77件は高齢者が運転していました。

 

新高山1丁目から訪れた横山 節子さん75歳は、「ASVはとても安心感があるが、まずは自分が安全運転を心がけていきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿