HOME > ニュース・情報コーナー > 吉和小 親子料理教室

ニュース・情報コーナー

吉和小 親子料理教室

吉和小 親子料理教室 2017年2月24日放送

 

地元食材を使って料理する「親子料理教室」が2月18日、吉和小学校でありました。

 

この料理教室は「ひろしま給食100万人プロジェクト」の一環で行われたもので、広島ならではの給食を作り、家庭でもその味を楽しんでもらおうというものです。

 

今回は、福山ニューキャッスルホテルの料理長、増田 実さんが講師を務め、児童と保護者あわせて54人が参加しました。

 

メニューは、地元の吉和で採れたわけぎ入りのオムレツとイチゴのデザートで、参加者たちは真剣な表情で作業をしていました。また、珍しい食材「ビーツ」を使ったスープも作り、参加者は興味深そうに手を進めていました。

 

6年生の富山心愛さんは、「料理が好きなので毎年参加しています。スープを作るのがむずかしかった」、安本結さんは、「ネーブルをきれいに切るのがむずかしかった」と話していました。

 

講師の増田さんは「地元の食材を使うことで地域との関わりや、料理の魅力を伝えていきたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿