HOME > ニュース・情報コーナー > 向島LC チャリティコンサート

ニュース・情報コーナー

向島LC チャリティコンサート

尾道向島ライオンズクラブ チャリティーコンサート 2017年2月28日放送

 

尾道向島ライオンズクラブが主催するチャリティーコンサートが、2月16日市民センターむかいしまで行われました。

 

会場にはおよそ300人が訪れ、尾道の物産品の販売や音楽活動を行なっている池永憲彦さんが率いるバンドが登場。歌謡曲を歌った後、尾道の新開をテーマにした新曲「新開ラビリンス」を披露しました。

 

尾道の名産品「でべら」をテーマにした新曲では、でべらのキャラクターも登場し、会場は大きな拍手と笑いに包まれました。

 

コンサートの途中に尾道向島ライオンズクラブの濱本義樹会長が挨拶に立ち、今年50周年を迎える尾道向島ライオンズクラブの歴史や活動を紹介し、クラブが実践している奉仕活動への参加を呼び掛けました。

 

続いてスペシャルゲストとして、第45回日本レコード大賞新人賞を受賞した広島県府中町出身の神園さやかさんが登場しました。スタンダードなジャズのナンバーやポップスのカバー曲を披露した後、自らが作詞したオリジナル曲「しずく」を歌い上げました。

 

バックを務めたのは、尾道市在住の5人で、地元の演奏者がコンサートを盛り上げました。尾道向島ライオンズクラブは、1967年に結成し、スポーツ大会や森林の保全活動・チャリティーコンサートなどを通して奉仕活動を行っています。今回のチャリティーコンサートの収益金は様々な寄付に充てられます。

月間アーカイブ

最近の投稿