HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道学園体育祭

ニュース・情報コーナー

尾道学園体育祭

尾道学園 体育祭 2017年5月29日放送

 

学校法人尾道学園が創立60周年を迎え、記念の「体育祭」が4月30日、尾道中学校・高等学校のグラウンドで行なわれました。

 

尾道中学校・高等学校の体育祭は、毎年多くの保護者が応援に訪れ、生徒が真剣に、そして楽しく演技を行い、盛り上がります。

 

今年は、全校生徒が、初夏の青空の下、徒競走・クラブ対抗リレー・応援合戦など21のプログラムに取り組みました。

 

女子生徒が参加する「がめつく行こう」というプログラムは、3方向に取り付けたタイヤを引っ張り合うもので、転んだり、引きづられたりと会場から大きな笑いがおこっていました。

 

クラブ対抗リレーは、各クラブの代表者が真剣に勝負に臨み、ユニフォームを身につけた選手が全力でバトンを繋いでいました。

 

集団行動は男子生徒全員が参加して行い、リーダーの合図で、様々な動きを見せて、会場から大きな拍手が送られていました。

 

前日の4月29日に尾道学園創立60周年記念式典が行なわれ、体育祭が花を添えた形となりました。尾道学園は、1957年にPTAなどが母体となって尾道高等学校を開設し、1970年代に水泳のオリンピック選手を数多く輩出したほか、近年はラグビー部の全国大会出場、難関大学の合格者を出すなど、文武両道を掲げ学校を運営しています。

 

この体育祭の模様は、6月12日から放送予定です。お楽しみに!!

月間アーカイブ

最近の投稿