HOME > ニュース・情報コーナー > 市議会6月定例会 閉会

ニュース・情報コーナー

市議会6月定例会 閉会

市議会6月定例会 閉会    2017年6月27日

 

尾道市議会6月定例会が6月27日最終日を迎え、およそ3億3600万円を増額する一般会計補正予算案など47議案を可決しました。

 

一般会計補正予算のうち主なものは、浄土寺や西國寺、千光寺の参道などをライトアップする夜間景観整備事業に6800万円。千光寺公園やポケットパークなど公園の緑化整備に5800万円。久保の歓楽街、新開地区にある2つの路地を美装化する事業に7200万円などです。

 

教育委員については、任期満了で退任する中司弘子氏の後任に尾道市内の小学校長などを歴任した豊田博子氏の任命に同意したほか、法律の改定に伴う農業委員19人が決まりました。

 

中央省庁などに送る意見書は、核兵器禁止条約に日本政府が積極的な役割を果たすことを求める意見書と、地方財政の充実・強化を求める意見書の2つを賛成多数で可決しました。

 

また、尾道市庁舎整備の諸問題を調べる庁舎整備調査特別委員会を設置し、10人の委員を選任しました。

月間アーカイブ

最近の投稿