HOME > ニュース・情報コーナー > 市120周年事業 会合

ニュース・情報コーナー

市120周年事業 会合

市120周年事業 会合     2017年11月16日放送

 

尾道市市制施行120周年の記念行事を決める実行委員会の2回目の会合が11月14日、門田町の総合福祉センターで行われました。

 

この会合は、尾道市が2018年で市制施行120周年を迎える事から、尾道市や商工会議所など24団体でつくる実行委員会が開いています。今回は120周年に伴い尾道市で開催される全日本花いっぱい尾道大会のイベント内容とその他の記念事業の予算が審議され、それぞれ承認されました。

 

120周年の記念式典は、来年2018年6月2日に東御所町のしまなみ交流館で開かれる予定で、尾道市に貢献した人たちへの感謝状の贈呈やアトラクションなどが行われます。

また、花いっぱい尾道大会の式典も同じ日にしまなみ交流館で行われ、式典後には港湾緑地帯に早咲きの桜を記念植樹します。

 

その他関連イベントとして、北前船の寄港地フォーラムや囲碁の女流本因坊戦、人気テレビ番組の公開収録などを誘致し、花いっぱい大会では年間を通じて市内各所で緑化事業などを行う予定です。

 

予算は、120周年行事が300万円、花いっぱい事業がおよそ3000万円で、花いっぱい事業の企画・運営は電通西日本広島支社におよそ2800万円で委託します。

 

実行委員会の会長を務める平谷祐宏尾道市長は「尾道の街が更に発展するよう、一過性の事業にならないようにしたい」と話していました。

月間アーカイブ

最近の投稿