HOME > ニュース・情報コーナー > 工房尾道帆布総会

ニュース・情報コーナー

工房尾道帆布総会

NPO法人「工房尾道帆布」総会 2018年6月28日放送

 

 

帆布を素材としたバッグやポーチなどを製造販売するNPO法人「工房尾道帆布」の総会が6月23日(土)、東御所町のグリーンヒルホテル尾道で開かれ、関係者およそ60人が参加しました。

 

会計報告によると、2017年度の売上げは9200万円で過去最高を更新し、田口慈子理事長は挨拶で、「昨年のパリへの出荷に続き、今年はニューヨークにも進出、世界に羽ばたいていきます」と意気込みを語りました。

 

帆布はもともと帆船の帆として使われていた厚手の綿織物で木織雅子会長が小物などの製品の素材として利用し始めたところ人気となり、現在はフランス・パリの雑貨店にも並ぶほか、アメリカ・ニューヨークにも出荷予定で、その他にもJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」での販売も行われる予定です。

 

設立15年を迎えたこともあり、前理事長の木織会長は、「田口理事長を中心に今後も帆布の普及、社会貢献にと、頑張ってくれると思う」と従業員らを励ましました。


月間アーカイブ

最近の投稿