HOME > ニュース・情報コーナー > 三成小安全マップ作り

ニュース・情報コーナー

三成小安全マップ作り

三成小3年の安全マップ作り 2018年6月29日放送

 

 

地域の防犯や防災情報を書き込んだ安全マップの作り方を学ぶ講座が6月21日、美ノ郷町の三成小学校で行われました。

 

講座は3年生の総合学習の一環として行われたもので、この日は尾道市総務課生活安全係の山根一洋さんから、地震や土砂災害、冠水など自然災害の危険について説明を受けました。

 

山根さんは、6月に起きた大阪での地震でブロック塀が落下し被害をだした事から、「ブロック塀がある場所を確認し、地震が起きたらブロック塀から離れて避難しましょう」などと児童に呼び掛けていました。

 

また、尾道市の防災マップを使い、自宅から公園やグラウンドなど、避難できる場所までのルートを確認しておくこと、病院などいざという時に助けてもらえる施設を把握しておくことなどを話し、子どもたちは、メモを取りながら、真剣に聞き入っていました。

 

参加した有木僚真君は、「川や山の危険なところが分かりました。災害が起きた時は危ない場所に近づかないように注意しようと思います」と話していました。

 

三成小3年生の安全マップ作りは、今年4月から行われているもので、これまでに地域の人や警察官から学区内の危険箇所を学んできました。マップは今後、7月までに防災情報などを書き込み完成する予定です。


月間アーカイブ

最近の投稿