HOME > ニュース・情報コーナー > 大林監督 ロケ開始 安全祈願

ニュース・情報コーナー

大林監督 ロケ開始 安全祈願

大林宣彦監督 尾道ロケ開始 安全祈願 2018年7月3日放送

 

 

尾道出身の映画作家で、がん闘病中の大林宣彦監督の新作映画の撮影が、尾道と福山で始まり、7月1日(日)ロケの安全を願う「祈願」が長江1丁目の艮神社で行なわれました。

 

監督を含めた撮影スタッフおよそ50人が参列し、艮神社の永井利果宮司がお祓いして、撮影の無事を祈りました。

 

監督が約20年ぶりに尾道で撮影を行なう最新作のタイトルは「海辺の映画館‐キネマの玉手箱‐」で、広島の原爆をテーマにした映画です。

 

広島で巡業中に被爆した実在の劇団「桜隊」のメンバーと、現代の映画館から、戦時中にタイムスリップした若者が出会い、8月6日に向かう中での苦悩やドラマが描かれる予定です。

 

現在80歳の監督は、一時余命宣告をされていましたが、治療により回復に向かっていて、暑さの中、自分の足で境内を歩き、挨拶や出演者の紹介などを行いました。

 

映画のロケは、8月半ばまで尾道市と福山市で行なわれ、来年の春以降に公開される予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿