HOME > ニュース・情報コーナー > 東高で選挙講座

ニュース・情報コーナー

東高で選挙講座

尾道東高校で「選挙講座」 2018年7月27日放送

 

 

尾道市選挙管理委員会による「選挙講座」が7月25日、尾道東高校で行なわれました。

 

3年生およそ200人が講座を受講し、尾道市選挙管理委員会の近藤美紀さんから、選挙制度についてなど学びました。

 

近藤さんは「18歳選挙を学ぼう」とのタイトルで、選管が作成した資料を使って、投票できる年齢の推移や、衆議院議員・参議院議員選挙など、選挙の種類、選挙運動についてなど説明していました。

 

3年生は、誕生日を迎えると「18歳」となり、選挙権を得ます。講座終了後、代表の男子生徒は「学んだ事を活かして、自信を持って投票できればと思います」とお礼の言葉を述べていました。

 

2019年4月には統一地方選挙が予定されていて、尾道市選挙管理委員会は、2017年度に尾道市内の高等学校5校を含む7校で選挙講座を開催。今年度も東高校を含め、数箇所で開催します。

 

昨年2017年の11月に行なわれた広島県知事選挙の尾道市の投票率は29.93%で、18歳は23.20%、19歳は11.06%でした。

月間アーカイブ

最近の投稿