HOME > ニュース・情報コーナー > ノルディックウォーク教室

ニュース・情報コーナー

ノルディックウォーク教室

ノルディック・ウォーキング教室 2019年2月27日放送

 

2本の杖を使って歩くノルディック・ウォーキングの教室が、毎月第3金曜日に、栗原町のびんご運動公園で開かれています。

 

この教室は、市内で様々なスポーツ教室を開いている尾道総合型びんごスポーツクラブが主宰していて、全日本ノルディック・ウォーク連盟 公認指導員の高橋 尚治さんが講師を務めています。

 

2月22日の教室には市内から7人が参加し、高橋さんがポールの握り方や歩き方などを解説した後、参加者たちと公園内を歩きました。

 

ノルディック・ウォーキングは、2本のポールを使って歩くことで、背筋が伸びた正しい姿勢を保ちながら、無理なく全身運動ができます。

 

ポールを使うことで足や膝、腰への負担を軽減する効果もあり、参加者たちは会話を交えながら楽しそうにウォーキングに取り組んでいました。

 

参加した女性は「ノルディック・ウォーキングを始めたことで肩こりが少なくなり、足腰を動かすのも楽になった」と話していました。

 

講師の高橋さんは「誰でも楽しみながら心身ともにリフレッシュできるので、気軽に参加してほしい」と話していました。

 

教室ではこの他にも、健康体操やヨガ、ジョギングの他、幼・小・中学生が対象のサンフレッチェびんごサッカースクールなども開催しています。

 

入会に関してなど詳しくは電話090-8797-1270 尾道総合型びんごスポーツクラブ 池本さんまでお問い合わせください。

月間アーカイブ

最近の投稿