HOME > ニュース・情報コーナー > 久保小 縄跳び指導

ニュース・情報コーナー

久保小 縄跳び指導

久保小学校 なわとび指導 2019年3月4日放送

 

 

縄跳びで体力向上等に取り組んでいる久保小学校で2月26日、プロのなわとびプレーヤーによるパフォーマンスと実技指導が行なわれました。

 

実技指導が行なわれる体育館に集まった全校児童を前に、縄跳びのギネス世界記録を7つ持っているプロなわとびプレーヤー「生山ヒジキ」さんが登場。高度な技や、音楽にのせて跳ぶ色々なテクニックを披露しました。

 

生山さんの技やパフォーマンスに、児童たちは見入り、歓声や拍手が沸き起こっていました。

 

その後、低学年・中学年・高学年に分かれて実技指導があり、1・2年生には、取っ手の持ち方などの基本から、少し難易度の高い技の紹介が行なわれていました。

 

子ども達は、生山さんの指導の下、笑顔で体を動かし、新しい跳び方に挑戦していました。

 

久保小学校は、児童の体力や集中力の向上を目指して、全校児童に自分の身長に合わせた「マイ縄跳び」を配布するなど、縄跳びを授業や休憩時間の取り組みとして推奨しています。

 

片足とびや二重とびなど、技の出来具合で、自分のレベルが分かる「アスリート検定」と呼ばれる独自の制度も設けて、児童が色々な跳びかたに挑戦しています。

 

実技指導を受けた1年生の「おくがみゆうと」君は「二重とびが出来るようになったので嬉しい」と笑顔で話していました。

 

久保小学校は、昨年のみなと祭の「ええじゃんSANSAがり踊りコンテスト」で、縄跳びを取り入れた踊りを披露して銀賞に輝くなど、頑張っています。

月間アーカイブ

最近の投稿