HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市議会 閉会

ニュース・情報コーナー

尾道市議会 閉会

尾道市議会閉会 2019年3月19日放送

 

 

尾道市議会2月定例会が3月19日最終日を迎え、西日本豪雨の災害復旧費を含む2019年度当初予算案など109議案ほかを可決して終了しました。

 

日本共産党が消費税増税に関わる公共施設の使用料の引き上げなどの議案に反対しましたが、その他の7会派が全議案に賛成し109議案が可決されました。

 

一般会計と介護保険事業などの特別会計、病院事業など3つの企業会計を合わせた新年度予算の総額は1,256億6,400万円です。

 

人権擁護委員は、5人が再任、1人が新任となりました。

     再任:友野正信さん・川ノ上明子さん・坂井功一さん

                柏原幸子さん・渡邉康雄さん

    新任:空中眞知子さん

 

又、統計不正問題の真相究明などを求める意見書、妊婦が安心できる医療体制の充実など支援を求める意見書、食品ロス削減に向けたさらなる取り組みの推進を求める意見書など、3つの意見書を可決しました。

 

本日19日の市議会定例会最終日の様子は午後9時から再放送します。議案に対し会派が賛成・反対の意思を述べる討論などが行なわれています。

 

月間アーカイブ

最近の投稿