HOME > ニュース・情報コーナー > みなと祭記者発表

ニュース・情報コーナー

みなと祭記者発表

みなと祭記者発表     2019年3月28日放送

 

第76回尾道みなと祭の主なイベント内容が決まり3月27日、尾道市役所で発表がありました。

 

会見では、第76回尾道みなと祭実行委員会の中田卓実行委員長が挨拶し、各部会長から祭りの概要が発表されました。

 

今年のみなと祭は、「尾道港開港850年」と「しまなみ海道開通20周年」を記念して、4月27日・28日の2日間行われます。

 

27日、JR尾道駅前のメインステージでは、開会セレモニーや姉妹都市交流式典のほか、尾道高校書道部によるパフォーマンスがあり、大型の紙に開港850年に因んだ書を揮毫します。

 

そのほか、記念事業としてはアイドルグループSTU48メンバーによるトークショーや、海上自衛隊の艦船の見学、海上自衛隊呉音楽隊の演奏などが予定されています。

 

両日行われるええじゃんSANSA・がり踊りコンテストには、27日現在、一般・グランプリ部門と、幼・小・中学生部門に合わせて97団体、およそ5400人が出場予定です。

 

祭りに伴う臨時駐車場は、新たに加わったベイタウン尾道を含む市内の5か所に設けられます。実行委員会では、祭りの期間が大型連休とも重なる為、公共交通機関の利用を呼び掛けています。

 

ちゅピCOMおのみちでは、ええじゃんSANSA・がり踊りコンテストを中心に、生中継する予定です。祭りの詳細については、後日ニュースのゲストコーナーでも紹介します。

月間アーカイブ

最近の投稿