HOME > ニュース・情報コーナー > 東京物語 銘版設置

ニュース・情報コーナー

東京物語 銘版設置

尾道LC 東京物語の銘版設置 2019年4月18日放送

 

 

尾道ライオンズクラブは4月13日、60周年記念事業として、映画「東京物語」の銘版を制作。海岸通りに設置しました。

 

銘版の設置・除幕式には、関係者らおよそ80人が集まり、御藤良基会長が挨拶。ライオンズクラブの徳永修さんが、銘版の説明を行い、会長たち6人で除幕を行いました。

 

銘版には、昭和の日本を代表する映画監督、小津安二郎監督の名作「東京物語」の尾道シーンが印刷されています。

 

縦80cm、横100cmのステンレス製の銘版が3枚設置され、浄土寺の灯篭が映るおなじみのシーンなど、それぞれ尾道ロケの名場面を見ることが出来ます。

 

銘版は、観光客や市民に映画のまち尾道をPRしようとおよそ200万円かけて設置されました。

月間アーカイブ

最近の投稿