HOME > ニュース・情報コーナー > なんじゃもんじゃ満開

ニュース・情報コーナー

なんじゃもんじゃ満開

なんじゃもんじゃ満開 2019年5月10日放送

 

 

美ノ郷町本郷の圓廣寺(えんこうじ)に植えられている「なんじゃもんじゃの木」の花が満開を迎えています。

 

「なんじゃもんじゃ」は、正式名称「ヒトツバタゴ」と呼ばれるモクセイ科の植物で、白く細長い花をたくさん咲かせます。

 

圓廣寺のヒトツバタゴは、高橋宏栄(たかはしこうえい)住職が1989年に植えたもので、およそ5メートルに育った木を覆うように白い花が咲いています。

 

高橋住職は、「毎年、法要の日に合わせて満開を迎えるので嬉しい。たくさんの人に見に来て欲しい」と話してしいました。

 

住職によると、花は5月中旬頃まで楽しめるということで、他にもアジサイのような形の白い花を咲かせるオオデマリも見頃となっています。

月間アーカイブ

最近の投稿