HOME > ニュース・情報コーナー > 定例市長記者会見

ニュース・情報コーナー

定例市長記者会見

定例市長記者会見     2019年5月31日放送

 

定例の市長記者会見が5月31日にあり、2018年7月の豪雨災害からの復旧状況と、今後の予定などについて発表がありました。

 

尾道市によると、豪雨災害で被害を受け、復旧が予定されている件数は2,666件。5月15日現在、2,146件の工事が発注済みで、そのうち2,084件の工事が完了しています。尾道市では、2020年度までの3年間ですべての復旧工事を完了させる予定で、平谷祐宏尾道市長は、市内の復旧状況や6月以降の出水期に向けた課題などについて話しました。

 

5月15日現在、復旧工事全体の発注率はおよそ81%となっていますが、一方で、国の補助対象となるような規模の大きな工事については、道路や河川などの公共土木施設が138件中71件およそ51%。農地や農業用施設及び林道が114件中10件およそ9%に留まっています。

 

また、工事の件数が多いため、受注可能な市内の業者が不足していることが見込まれていて、市の担当者は提出書類の簡略化や必要な人員配置に柔軟性を持たせるなど、業者が受注しやすい取り組みを進めていくと話していました。

 

会見ではこの他、災害時の避難所対策に関する質問や、しまなみ海道20周年に対する市長の受け止めなど記者から質問が上がりました。会見の様子は、31日の19時からと、6月1日の7時と15時から放送予定です。

月間アーカイブ

最近の投稿