HOME > ニュース・情報コーナー > 6月定例議会 閉会

ニュース・情報コーナー

6月定例議会 閉会

尾道市議会6月定例会 閉会 2019年7月2日放送

 

 

尾道市議会6月定例会が7月2日最終日を迎え、3億1千万円を増額し、652億6千万円とする2019年度一般会計補正予算案など27議案ほかを可決しました。

 

補正予算の主なものは、幼稚園、保育所と小学校の教育連携を推進する事業に260万円、小学校の体育館の照明等を耐震補強する事業に9500万円などとなっています。

 

また、尾道港開港850年の関連事業に500万円を増額し、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」を呼び、会場の整備や警備などを強化します。

 

ブルーインパルスは、7月27日の「おのみち住吉花火まつり」開催日に、飛行する予定で、当初の6機編隊から2機編隊に縮小した事から、関連事業費の減額も検討されています。

 

その他の議案の主なものは、尾道市役所の新しい本庁舎の備品購入や、尾道ふれあいの里にある老朽化したキャンプ場を廃止する条例改正案や、消防団のポンプ車や高規格救急車を購入する議案などです。

 

各会派が議案に対しての態度を表明する「討論」では、尾道未来クラブが「本庁舎の備品などを購入する議案」に関して、「椅子や机などを個別に入札するのではなく、セットで一括購入すれば、金額が安くなる」などと反対しましたが、その他会派の賛成多数で可決となりました。

 

又「天皇陛下の御即位を祝す賀詞」を賛成多数で可決。国や関係省庁へ提出する意見書は、「地方財政の充実・強化を求める意見書」と、出資と労働が一体となった非営利法人である、仮称 労働者協同組合の設立を可能にするための「労働者協同組合法案の早期制定を求める意見書」の2案が提案され、いずれも賛成多数で可決しました。

 

本日2日の市議会定例会最終日の様子は21:00から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿