HOME > ニュース・情報コーナー > 粟村さん子どもたちと交流

ニュース・情報コーナー

粟村さん子どもたちと交流

粟村さん子どもたちと交流 2019年7月3日放送

 

尾道出身のタップパフォーマー粟村勝さんが7月1日、市内の保育所や幼稚園、小学校などを訪れ、子どもたちと交流しました。

 

交流会では、粟村さんが考案した、シューズの裏に瓶の蓋の王冠を貼りつけて踊る王冠タップが行われ、子どもたちは、粟村さんの動きに合わせて楽しそうに体を動かしていました。

 

粟村さんは、ニューヨークのアポロシアターで行われる、アマチュア歌手やダンサーの登竜門的なイベント「アマチュアナイト」で、日本人として初めてベスト4に入賞したダンサーで、現在もタップの指導や振り付けなど多方面で活躍しています。

 

また、毎年、尾道でのライブイベントに合わせて、市内の子どもたちにタップダンスの魅力を伝える活動を行っていて、子どもたちと交流した粟村さんは「タップダンスを通じて、音楽を楽しんでもらえれば嬉しい」と話していました。

 

尾道でのライブイベントは、8月4日に、東御所町のジョンバーガー&カフェで開かれる予定で、粟村さんをはじめ、歌手で女優の佐渡寧子さん、ピアニストの永井みなみさん、パーカッションの河野直博さんたちが出演します。

 

イベントの予約・お問い合わせは電話0848-25-2688粟村さんまでです。

月間アーカイブ

最近の投稿