HOME > ニュース・情報コーナー > けんみん文化祭ひろしま

ニュース・情報コーナー

けんみん文化祭ひろしま

けんみん文化祭 洋舞フェス     2019年9月27日放送

 

広島県民の文化の祭典、「けんみん文化祭ひろしま‘19」の洋舞フェスティバルが9月15日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

けんみん文化祭は、広島県内の文化団体の活動と発表、そしてそれらを鑑賞する場を設ける事で、県民による文化を創造しようと開かれている事業です。

 

9月から12月にかけて様々なジャンルの発表が県内各地で行われ、尾道では洋舞のジャンルにエキシビションを含む11の団体が出場しました。

 

尾道市から参加したスター☆バレエ体操クラブは「アースドリーム」というタイトルで、バレエを交えたモダンダンスを披露。地球の営みなどをイメージしたスケールの大きなダンスに、会場からは盛んな拍手が送られていました。

 

このほかにも、安芸高田市や世羅町、三原市などからジャズダンスやヒップホップ、クラシックバレエなどの団体が参加し、踊りを披露しました。

 

参加した団体には、小さな子どもから高齢の人まで幅広い年代の人が加わっていて、文化祭に向けて練習してきた成果を舞台の上で精一杯披露していました。

 

けんみん文化祭は、広島県の豊かな自然と伝統に育まれた文化の発掘、継承、育成を目的に毎年開催されています。

月間アーカイブ

最近の投稿