HOME > ニュース・情報コーナー > 新開 花魁道中

ニュース・情報コーナー

新開 花魁道中

新開 花魁道中 2019年10月30日放送

 

 

尾道最大の歓楽街、新開で開催された「第4回しんがいゴー!ゴー!まつり」のメインイベントとして、10月20日(日)華やかな花魁道中が行われました。

 


「新開Re-Born踊り」と題して、花魁道中の再現と、ステージで観客も一緒になって賑やかな踊りを披露しました。

 

新開は、かつては三味線の音があちこちから流れ、花街としても賑わっていました。イベントでは、新開の歴史を基に、花街時代の女性が守ってきた久保の八坂神社の「イチキシマヒメ」が、「楓」という花魁に姿を変え、新開を練り歩くというストーリーで、花魁道中が披露されました。

 

花魁に扮したのは、世界的舞踊家孝藤右近さんで、新開を盛り上げる為に作られた曲「新開ラビリンス」の振り付けも担当しています。

 

花魁道中は、「新開ラビリンス」の作詞・作曲を手掛けた尾道出身のミュージシャンの池永憲彦さんが、企画しました。

 

当日は、八坂神社を出発し、お伴と共におよそ一時間ほど新開を練り歩き、盆踊り会場に到着。集まった沢山の観客は、花魁と共に「正調三下がり」と「新開ラビリンス」の二曲を踊り、夜の新開を盛り上げました。

月間アーカイブ

最近の投稿