HOME > ニュース・情報コーナー > 杭谷一東さん彫刻庭園

ニュース・情報コーナー

杭谷一東さん彫刻庭園

杭谷一東さん彫刻庭園 2019年11月1日放送

 

世羅町出身の彫刻家 杭谷一東さんの作品を並べた庭園が、瀬戸田町の耕三寺博物館の敷地内に整備され、10月29日にお披露目会がありました

 

杭谷さんは、現在、イタリアを拠点に活動していて、これまでに国際的な展覧会で数多くの作品を出展している他、耕三寺博物館の大理石で作られた庭園「未来心の丘」も手掛けました。

 

今回、新たに整備された庭園は、耕三寺の所蔵品などを展示する金剛館の芝生広場を活用したもので、広さおよそ2千平米の園内に、作品12点が並んでいます。

 

作品は、イタリア産の大理石などで作られていて、大きいもので高さおよそ1.8m、幅2.3mで、それぞれネームプレートが設置されています。

 

曲線と輪で、やわらかさや心地よさ意識した作品が多くあり、中には猫をあしらったものもあります。

 

庭園は無休で、毎日9時から17時まで入場できます。

月間アーカイブ

最近の投稿