HOME > ニュース・情報コーナー > 高齢者福祉大会

ニュース・情報コーナー

高齢者福祉大会

高齢者福祉大会    2019年11月6日放送

 

尾道市老人クラブ連合会が主催する第47回尾道市高齢者福祉大会が10月31日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

大会は、老人クラブの会員同士の交流促進などを目的に毎年開催されているもので、会場では百寿や米寿の会員へのお祝いや表彰、会員による芸能発表などがあり、多くの来場者でにぎわいました。

 

午後から行われた芸能祭では、各クラブの会員たちが、詩吟やおどり、体操など16のプログラムで日ごろの取り組みの成果を発表しました。

 

今年初出場の老人クラブ連合会役員たちのグループは、サンバのリズムで元気な踊りを披露し、会場から大きな拍手を受けていました。

 

栗原地区のクラブは、詐欺被害防止を呼び掛ける寸劇を行い、ユーモアを交えた内容で観客の注目を集めていました。

 

老人クラブは、地域の高齢者の健康づくり仲間づくりなどを目的に活動していて、尾道市内では4月1日現在、95のクラブで合計4770人の会員が活動しています。

月間アーカイブ

最近の投稿