HOME > ニュース・情報コーナー > 交通事故防止検討会

ニュース・情報コーナー

交通事故防止検討会

交通事故防止検討会    2019年11月8日放送

 

10月に高須町で発生した交通死亡事故について、警察や地域住民などを交えて再発防止を考える検討会が11月7日、事故が起きた現場で行われました。

 

検討会には、尾道警察署や市役所、交通安全協会のほか、地元の町内会や社会福祉協議会の役員など合わせて24人が参加し、それぞれに再発防止の意見を交わしました。

 

事故が起きたのは、10月24日の早朝5時7分で、犬の散歩中だった76歳の男性が片側2車線の道路を横断中、国道2号線方面から走ってきた中型トラックにはねられたものです。

 

尾道署交通課の三阪実警部補は、集まった人たちに事故の概要のほか、小雨で見通しが悪かった事など当時の状況を説明し、参加者からは、「スピードを出す車が多いので取り締まりを厳しくしてはどうか」とか「反射材の着用など歩行者への注意喚起が必要」などの意見が出ていました。

 

尾道署管内の交通死亡事故は、因島で2018年8月に発生した事故以来で、尾道署では今後、高須町の事故現場付近での取り締まり強化や、ドライバーへの教育など取り組みを検討するとしています。

月間アーカイブ

最近の投稿