HOME > ニュース・情報コーナー > 尾道市成人式

ニュース・情報コーナー

尾道市成人式

尾道市成人式    2020年1月14日放送

 

2020年尾道市成人式が1月12日、栗原町の「びんご運動公園」で開かれ、男女合わせて1,323人が新成人として門出の日を迎えました。

 

式には、男性428人、女性444人の合わせて872人が出席。会場でははじめに、尾道ベッチャー太鼓保存会が2曲を演奏し、力強い音色でオープニングに花を添えました。

 

佐藤昌弘教育長の開式の辞に続き、平谷祐宏尾道市長が式辞を述べました。

 

そして、昨年、尾道市小学校音楽コンクールでグランプリを受賞した、栗原小学校の児童が新成人に歌とメッセージを贈りました。

 

その後、新成人を代表して、東京の大学で相撲に打ち込んでいる村上 光起さんと、東京の音楽大学でバイオリンを学んでいる山本 絵里奈さんが、二十歳の誓いの言葉を述べました。

 

最後に、新成人が中学校時代に尾道市合唱コンクールで歌った「そこに風がいる」を全員で合唱しました。

 

今年は、1999年4月2日から2000年4月1日までに生まれた男性686人と女性637人の合計1,323人が成人の日を迎え、昨年に比べて61人増加しました。

月間アーカイブ

最近の投稿