HOME > ニュース・情報コーナー > 外出自粛中でも出来ること

ニュース・情報コーナー

外出自粛中でも出来ること

健康推進課「外出自粛中でも出来ること」 2020年4月27日放送

 

 

尾道市健康推進課は、「外出自粛中でも出来ること」と題して、感染症を避けながら生活に運動を取り入れるポイントについてまとめています。



感染症を避けながら身体を動かすポイントについて、家庭内と屋外に分けて紹介しています。
家庭内では、家事や片付けなどで体を動かして、立って何かをする時間を増やし、テレビやWEB動画などを見ながらの体操。作ったことのない料理に挑戦するなど、家でできる趣味を見つけることが有効です。

 


屋外では、野菜や花を育てたり畑仕事をしたり、人混みを避けてできるウォーキングやストレッチもおすすめです。
ウォーキングは、体力維持や気分のリフレッシュにもなり、感染症に対する抵抗力も高めるため「必要な外出」と言えますが、注意するポイントがあります。

 


人混みの多い時間帯や場所を避ける。一緒に歩くときは十分に距離を空ける。可能であればマスクを着用して、顔や目を手で触れないようにしましょう。そして、帰ったらしっかりと手を洗って下さい。

 


そして、運動と合わせて大切なのは、生活のリズム崩さないこと。3食バランスよく食べること。テレビ電話などを活用してのおしゃべりやしっかり入浴して上手くリフレッシュすることです。

 


外出を控える状況が続いて体を動かす機会が減ると、免疫力の低下や持病の悪化など「健康2次被害」に注意が必要です。意識して生活に運動を取り入れていきましょう。

月間アーカイブ

最近の投稿